リーゼです。

今回は、アフィリエイトと直接関係するテーマではありませんが、
ビジネスでの成功を目指す上で、「この事実は知っておいた方がいい」
と思う事がありましたので、それを綴りたいと思います。

成功するための才能は遺伝で決まるものではない

自分にはない優れた能力を持った人を目にすると
多くの人は遺伝によるものと決めつけてしまう傾向があります。

確かに優れた能力に関わる「人の性格や体質など」は遺伝による影響はありますが
遺伝だけで決まるものではありません。

脳科学の研究によると
「遺伝」と「環境」が人の性格や体質などに影響を与え、
最終的には、「人格」を決めるものだと言われています。

人格を決める「遺伝」と「環境」の影響力とは

単純に優秀な遺伝と恵まれた環境が優れた人格になるとか、
そういう単純な話ではありません。

脳科学は、遺伝子学や心理学などあらゆる分野と相互に関わりがあるため
人格を決める要素を徹底的に議論をしていったらキリがありません。

ただ、ここで挙げられる内容としては

・「遺伝」は環境に影響を受けるもの
・「環境」は遺伝に影響を与えるもの

このような研究結果を踏まえての話になります。

「遺伝」と「環境」によって人は変わる

人には周囲の影響を受けやすい人とそうでない人がいます。

遺伝の違いは、この違いと思ってもらえればいいかと思います。

周囲の影響を受けやすい人が、その人にとって良い環境すなわち
楽観主義になれる環境であれば、その人の人格は楽観主義になりやすいのです。

もちろん、その逆も同じことが言えて、
悲観主義になれる環境であれば、悲観主義な人格になりやすくなるのです。

周囲の影響を受けにくい人は、元々楽観的な人であれば
周囲が悲観であったとしても、楽観であり続けられる可能性が高いと言えます。

いろんなパターンの解説をしていますが、
わたしが言いたいことは、遺伝に影響を与える環境は
少なからず、自分で選択できる余地はあるということです。

これは生まれてきた環境がどうという話ではなくて、
たとえば、このブログのテーマにしているアフィリエイトで言えば
アフィリエイトをする環境は自分で選択できるということです。

強引にアフィリエイトという言葉をもってきてしまいましたが
人には、人生において自分の環境を選択できる場面が複数回訪れます。

受験・就職といった大きな場面に限らずです。

仮にわたしのように社会人をしていてアフィリエイトに挑戦をすることだって
これは環境の選択をしていることになります。

その選択が正しいかどうかなんていうのはその人の取り組み次第です。

ただ、選択するのであれば、楽観主義になれる環境であるべきだとわたしは思います。

念を押しておきますが、

楽観主義になれる環境=楽ができる、楽しい環境

ではありません。

楽観主義になれる環境=前向きに物事に取り組める環境

であり、その環境を自ら選択し、
その環境、つまり「前向きに物事に取り組める環境」で
磨き上げたスキルや能力こそ才能と言えるのではないでしょうか。

結局その才能が、たまたま人に目につくものであったら目立つだけなことです。

アフィリエイトの場合は、おそらく目立たないと思います。笑

ただ、ひっそりと稼いでいきたい人にとっては都合がいいと思います。

アフィリエイトを自分の最善の選択としたいのであれば
最善としていく為の行動をするべきで、才能の有無で決まるものではないという事です。

まとめ

今回は、アフィリエイトと直接関係した話題ではありませんでしたが
ビジネスを取り組む上では非常に重要な事を取り上げたつもりです。

自発的な行動の源泉はモチベーションですから
半ば強制的な労働を強いられる社会人としての気構えでは
アフィリエイトなんか続かないと思います。

だからこそ、前向きにアフィリエイトを取り組める
「きっかけ」というのは大事なわけです。

とにかく結果だけを追い求めて、
嫌々アフィリエイトに取り組むのだけはご法度ですよ。
時間の無駄ですから。(痛感済み)

リーゼ