リーゼです。

検索エンジンを主なアクセス源とするアフィリエイトで
今後のアフィリエイト活動がどうあるべきかを考えるに
良い機会だと感じるニュースがありました。

それが、Googleウェブマスター向け公式ブログが発表した以下の内容です。

ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図しています。このような改善が、有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを期待しています。

引用: ウェブマスター向け公式ブログ

Googleが目指す検索エンジンシステムの理想像が分かる内容であり、
情報提供をする私たちアフィリエイターが発信する情報が
どういうものであるべきかが見えてきます。

この発表以降に、検索結果の順位が下がったサイトは低品質なサイトであり、
逆に順位が上がったサイトは、これまで邪魔となっていた低品質なサイトが居なくなったことで
正当に評価を受けるようになったサイトと言えます。

低品質なサイト、高品質なサイトの線引き

ただ、今回の発表では、具体的にどういうサイトを低品質と位置付けているかという点を
Googleは明確にしていなく、その点は抽象的に

検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイト

と語っています。

この文面を見る限り、私の個人的な解釈としては、
ユーザが食いつくような情報をユーザが不利益になるような形で
提供するサイトを低品質と捉えています。

実際、Googleの発表でも高品質なサイトを以下のように定義していますからね。

オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイト

つまり、単にユーザが飛びつくような需要の高い情報を提供すればいいのではなく、

・知って良かった
・ためになった
・面白かった
・楽しかった

そんなユーザの声が、ユーザにとって確かな利益に繋がる情報であるべきということです。

例えば、以前に話題になったDeNAの「WELQ問題」では、
ユーザに沢山の情報提供は出来ていたものの、
その内容は不正確で、ユーザにとって不利益であることが問題視されていました。

また、著作権を無視していた転用がされていたこともあり、
オリジナルで有用なコンテンツを提供する人達にも不利益を与えている状況だったのです。

今回のGoogleが発表した日本語検索の品質向上に向けた対応策は
そういう背景も少なからず影響しているのかもしれません。

価値ある情報発信が利益をもたらす

情報発信の方法は沢山ありますが、どの方法で利益を出すにしても
前提としてそれがユーザにとって価値があるものでなければ、
利益に出し続けることは難しいと思います。

一時的な稼ぎが見込めても、
インターネット業界の王者とも言えるGoogleが目指す方向性と逆をいけば
検索エンジンからのアクセスを主な集客方法とするアフィリエイトは息が続きません。

ただ、やはりアフィリエイトも立派なビジネスですから
お金の稼ぎ方としては、価値の提供があって然るべきだと私は思います。

検索エンジンに頼らずにアフィリエイトで稼ぐ方法もありますが、
それでも見込み客がいるからこそ稼げるものですし、見込み客が価値を感じなければ、
延々と新たな見込み客を呼び続けては金をむさぼる流れになってしまいます。

それよりも、ユーザに感謝される、喜ばれるような情報を提供して
少しずつでも長い付き合いが出来る見込み客を獲得していきながら
自分が発信する情報の先に利益を追求したほうがよっぽど有意義だと思います。

今回のGoogleの発表は、

・私たちアフィリエイターがどういう情報発信をしていくべきか
・Googleはどういう情報発信をする人を正当に評価するのか

これらを考える良いきっかけであり、
「利益を追求する姿勢」というのも改めて見直す機会だったように思えます。

私自身、今回の発表をきっかけに、自分の情報発信の姿勢を振り返り、
このブログで提供する情報の質をさらに高めていきたいと考えています。

また、アフィリエイターとして今の自分の姿勢に何か思うところがあれば、
今一度、振り返ってみてもいいかもしれません。

それでは、また次回。

リーゼ