リーゼです。

Youtubeに悪質動画の投稿が横行している状況が続き
大手広告代理店がYoutubeへの出稿を停止する動きを見せました。

個人的に、この動きはいずれ起こると想定していたことで
Youtubeを運営するGoogleは、Youtube上の広告事業に整備をかけてくると思われます。

また、既にGoogleは以下のような事を述べています。

グーグルは現状で広告を表示する場所を広告主や広告代理店が選べるツールを用意しているが、今後は不適切な内容で利益を得ている動画やコンテンツへの対策を強化できると考えている

不適切な内容で利益を得ている(価値のない)動画に対して、
近い将来、何らかの対策が打たれる筈です。

つまり、価値のある動画を提供して稼いでいるユーチューバは生き残り、
無価値な動画投稿で荒稼ぎしているユーチューバは淘汰されていくという事です。

Googleはインターネット業界で利益を上げるために
インターネット利用者(ユーザ)に価値ある情報を提供することを優先しており、
それとは逆の無価値な情報は徹底的に排除していく方針をとっています。

今回の騒動は、その方針に基づく対策がYoutubeにも打たれる事が露になったと解釈できます。

そしてどんなビジネスにせよ、荒稼ぎできる時代の先には、今回のような問題が取り沙汰され、
真っ当な方法でしか稼げない時代に変わっていくものと思います。

だからこそ、荒稼ぎできる時代でしか通用しないノウハウよりも
どんな時代でも通用するノウハウを追求していくべきで、
私が追求しているものは、まさに後者のノウハウになります。

そのノウハウの根底は、「ユーザへの価値提供」であり、
より多くの、そして高品質な価値をユーザに提供していく姿勢を追求していくものです。

この姿勢は、Googleと同じものになりますが、
結局はそれが、稼ぎ続けていく上で最も効率的で合理的な方法だということです。

ネットビジネス業界で稼ぎ続けることを考えるならば、
是非、「ユーザに価値を提供する」姿勢で取り組んでみて下さい。

それでは、また次回。

リーゼ