リーゼです。

アフィリエイトブログに対して、
検索エンジンからの集客を狙う上では
記事タイトルや本文で使用するキーワードが
ユーザからのアクセスに大きな影響を及ぼします。

ユーザが検索するキーワードで自身のブログがヒットするかしないかは
記事タイトルや本文で使用するキーワード次第だということです。

ただ、たとえヒットしたとしても、
検索結果の上位表示されるかは他のブログとの競争になりますから
単にユーザーが検索するキーワードを意識すれば
検索エンジンからの集客が出来るという事ではありません。

ユーザが検索するキーワードを意識した上で
上位表示を狙うキーワードを選定していくべきなのです。

検索結果の上位表示を狙えるキーワードとは

個人的にキーワード選定で重要だと思う事は
「ユーザがそのキーワードをどういう思いで検索にかけているか」
という事です。

これはユーザが自身のブログにアクセスをしたときに
その思いとマッチした情報を提供していく事を見越して重視していることでもありますが、
「キーワードを決める」という段階でも重要になってきます。

例えば、「アフィリエイト」というキーワード場合、
ユーザが「アフィリエイト」と検索したときの気持ちを想像してみてください。

いろんな気持ちが考えられると思います。

・アフィリエイトとは何なのか知りたい。
・アフィリエイトの稼ぎ方を知りたい。
・アフィリエイトで稼げなくて困っている。
・アフィリエイトで参考になる商材を探している。

簡単に分類してみましたが、より細分化を図れば
もっとたくさんの気持ちが出てきます。

ここで気付いてほしいことは、
ただ「アフィリエイト」というキーワードを選定しただけでは
そのキーワードを使用して

「どういう情報発信をするのが効果的なのか」

というのが定まらないということです。

アフィリエイトというキーワードを意識して
その稼ぎ方を説明する記事を書いたとして
その記事を見たユーザが、実は商材を探していたとなれば
そのユーザは、稼ぎ方を説明する記事に価値を見出してくれないのです。

「稼ぎ方ではなくて、参考商材を探していたのに。」

という気持ちになり、その記事は読まれず
他所のページに飛んでしまう可能性が高いということです。

つまり、単に一つのキーワードのみを意識しては
そのキーワードで検索するユーザの気持ちは汲み取りづらいため
複合キーワードで、ユーザの気持ちを捉えていくことが必要になります。

先ほどのアフィリエイトの例で言えば、

「アフィリエイト 稼ぎ方」

とキーワード選定すれば、これは

「アフィリエイトで稼ぎたい」という気持ちで検索しているユーザに対して
そのユーザが価値を見出すような情報発信をすればいいことがわかります。

さらに、範囲を狭めてみると

「アフィリエイト ブログ 稼ぎ方」

この場合は、「アフィリエイトでもブログを使って稼ぐ方法を知りたい」
というユーザに対して情報発信をしていけばよいという事がわかると思います。

こんな感じで、複合キーワードを選定していき、
ユーザの気持ちを定めながら、上位表示を狙えるキーワードを探していきます。

そして、ここからが上位表示を狙うキーワードの話になりますが、
そもそも検索キーワードには、検索頻度が高いものとそうでないものがあり、
それが市場の大きさを表していると言えます。

検索頻度が高いキーワード=多くのユーザに検索されている

ことになり、集客効果が高いキーワードになるわけです。

ただ、そういうキーワードほどライバルが多いのも事実ですから
検索頻度が多いキーワードを選定したとしても、
検索結果の上位を狙うことはかなり難しいです。

検索頻度が高く、ライバルも少ないキーワードがあればそこを狙っていけばいいのですが、
稼げる見込みがある市場の中で、そんなお宝キーワードを探すのは極めて困難だと思います。

ただ、「キーワード選定」という行為そのものは、
情報発信をしていく際のキーワードを決める行為でしかなく、
重要なのは、そのキーワードを使った「中身」になりますから
お宝キーワードを探す労力は、その分「中身」に費やしていくべきだと思うのです。

そういう意味で、私の経験上、そこまで労力をかけずに即効性があり、
検索結果の上位表示を狙いやすいと思ったキーワードは以下になります。

「固有名詞を使用した複合キーワード」

これは、情報発信するテーマを敢えて狭めながら
その情報を欲しいと思うユーザの気持ちに応えるように選定していく事がポイントで
ライバルを減らしながら、ユーザの属性を絞り込んだ情報発信ができる強みがあります。

固有名詞での検索キーワードの頻度は、
「アフィリエイト」のような一つのテーマで幅広い情報発信ができるキーワードほど
検索頻度は低いため、その分ライバルは減ります。

また、ユーザの属性を絞り込むことで
その固有名詞となる対象の事を知りたいと強く思う人を対象にできるため
集客できる数こそ減りますが、情報発信する内容が明確になり
その内容に強く反応する人のみを集客できるメリットがあります。

さらに、そこに最近話題になっている「トレンド要素」を混ぜれば
それが即効性のあるキーワードとなるわけです。

話題の新商品名、話題の人物名、など
そこにユーザの気持ちを定めるキーワードを複合させることで
それが即効性のある複合キーワードになるのです。

そんな方法でキーワードを選定していけば、
何を記事に書き下ろしていくべきか、という所も見えてきますので
ある意味、一石二鳥ではないでしょうか。

あとは、その書き下ろす記事の「質」次第ということです。

それでは、また次回。

リーゼ