リーゼです。

アフィリエイトで良く話題に上がるテーマとして
「SEO対策(検索エンジン上位対策)」というものがあります。

特定のキーワード検索で上位表示を狙うための対策ですが、
この対策については、いろいろなところで議論されて
結局何が正しく、何が最も効果的なのか、というところが
今一つ決めにくく、見失いやすいテーマでもありますので、
私の方で、SEO対策でアフィリエイターが意識すべきことをまとめてみました。

SEO対策とGoogle・Yahooの評価

実際にブログを運営している人であればお分かりかもしれませんが
大体のインターネット利用者は「Google」か「Yahoo」の検索エンジンを使用しています。

SEO対策とは、そういう検索エンジンによる検索結果として上位表示を狙うための対策であり、
その上位表示をするシステムを提供するGoogleやYahooの評価と直結することになります。

つまり、上位表示されるサイト=GoogleやYahooが高く評価するサイト

となるわけです。

すなわち、SEO対策をしていく際には、そんな検索エンジンをシステムを提供する
GoogleやYahooからの高い評価を受けるブログというものを構築して始めて
検索エンジンの上位に表示してもらえることになります。

では、どういうブログをGoogleやYahooが高い評価を下すのか。

これはGoogleやYahooの利益追求を考えれば、
まず間違いなく、「利用者に価値ある情報を提供するサイト」だと思います。

検索エンジンを提供するGoogleやYahooにとって
そのシステムを利用する人がいてこそ、
インターネット業界で利益が出せているのです。

その利益の代表的なものでいえば、検索エンジン上に載せる広告で
広告主から掲載料をもらって、検索エンジンを利用する人達に
その広告をたくさんみてもらうという仕組みです。

当然たくさん利用される検索エンジンほど、そこに掲載される広告に目を通す人も増え、
その広告へ利用者を誘導することで広告主の利益が発生しますから、
広告主からの掲載依頼が来るような利用者の使い勝手が良い検索エンジンを
GoogleやYahooは目指すのです。

つまり、「利用者に価値ある情報を提供するサイト」を高く評価するのは
単に綺麗事で言っているのではなく、それが最も利益につながるからであり
自分たちの利益追求をしようとすると、必然的に
「利用者に価値ある情報を提供するサイト」を上位表示する結果になるわけです。

GoogleやYahooが高く評価するサイトとは

具体的な指標を上げるとすれば、以下の二つだと思います。

・滞在時間
・巡回率

インターネット利用者の行動原理を考えると
気に入ったサイトには何度もアクセスをしますし、
そのサイトで掲載するいろんなページに目を通すと思います。

そういう行動をしていくと
結果的にそのサイトに利用者がいる「滞在時間」や
一人あたりの利用者が目に通すページ数、「巡回率」も高い数値を出します。

そんなサイトが利用者にとって価値あるものと
GoogleやYahooが高い評価を下すと言われています。

個人的には、この評価の下し方は妥当だと思いますし、
SEO対策を意識するアフィリエイターにとっても
非常にシンプルな考えで対策を打ちやすいものだと考えています。

また、もう一つの評価指標として

・被リンク数(他のサイトに掲載される自分のサイトへのリンク数)

というものがあります。

いろんなサイトでリンクが張ってもらえるサイト=価値の高い情報があるサイト

という風にGoogleやYahooが捉えている感じです。

現に、SEO対策をする際に、被リンク数を増やしましょうと
主張する人達が多いのは事実です。

ただ、そこに漬け込み、
特に価値ある情報を提供していないサイトにも関わらず
作為的に被リンク数を増やして検索上位を狙う人達もいます。

そういう現状から、被リンク数に対して
作為的なものか、自然的に貼られているものかを
判断できるようなシステムをGoogleが取り入れていると聞きます。

つまり、被リンク数は作為的に増やしてもSEO対策としては効果は薄く
むしろ、価値の高い情報を発信することで自然的に生まれる被リンク数が
高い評価を下す指標となるのです。

結果的に、滞在時間や巡回率、被リンク数というのは
そのサイトで発信する情報の質次第であり、
SEO対策を意識するならば、まずは「情報の質」に拘るべきということになります。

ただ、検索エンジンのシステム仕様上
利用者とサイトを結びつけるものは「検索キーワード」であることから
「情報の質」以外に意識しておくべきことは
記事タイトルや記事本文に検索キーワードを含めることだと思います。

つまり、検索キーワードとマッチしたサイトであることを
検索エンジン側で最低限認識してもらわなければ、
情報を受け取る利用者のアクセスを集めることができないということです。

そこを踏まえた上で、少ないアクセス数でも滞在時間や巡回率が高ければ
その分、検索結果の順位も上がっていきますから
「情報の質」というのは最初から徹底的に拘っていったほうがいいのです。

また、どういう情報を発信したほうがいいのか、という事については
こちらの記事で取り上げていますので、参考にしてみてください。

継続的な集客に利用できるブログネタ

総括

簡単にまとめたいと思います。

まずSEO対策として意識すべきはGoogleやYahooの評価であり、
彼らも利益追求をしていることから、必然的に
自身の検索エンジンを利用してくれるユーザ目線で
「利用者に価値ある情報を提供するサイト」を上位に表示しようとします。

そういうサイトを目指すことがSEO対策の本質であり、
その本質に沿った評価項目として

・滞在時間
・巡回率
・被リンク数

が挙げられます。

最終的に、そのパラメータが高くなるような情報を発信すべきであり、
実際に発信していく際には、利用者の検索キーワードと紐づくように
記事タイトルや記事本文に、検索キーワードを含ませるようにしてください。

そこを踏まえた上で、バンバンと情報発信していくのが
最も効果的なSEO対策だと私は思います。

それでは、また次回。

リーゼ